沿革

HOME > 企業情報 > 沿革

COMPANY

当社設立の昭和11年からの沿革です。

昭和11年

北海道コンクリート工業株式会社として栗山に創立
栗山工場建設、一般コンクリート製造・販売を開始

昭和17年

栗山工場にてヒューム管製造開始

昭和20年

社名を東亜ヒューム管株式会社と改称

昭和21年

社名を北海道ヒューム管株式会社と改称

昭和24年

札幌営業所を開設

昭和29年

社名を日本高圧コンクリート株式会社と改称、現在に至る

昭和30年

栗山工場にてポール及びRCパイルを製造開始

昭和31年

札幌工場を建設、ヒューム管・ポール・RCパイルを製造開始
栗山工場にてPC桁製造開始
工事部を新設

昭和32年

フレシネー工法によるポステンPC橋を小樽市で架設
以後、日本全国でPC橋梁工事を施工

昭和33年

札幌支社、帯広支社・営業所、室蘭営業所を開設

昭和37年

東京支社・営業所を開設

昭和38年

埼玉工場を建設、ヒューム管・RCパイル・PC桁の製造開始
苫小牧営業所を開設

昭和40年

旭川営業所を開設

昭和41年

栗山工場にてPCヒューム管製造開始
工業技術院長賞受賞(栗山工場)

昭和42年

栗山・埼玉各工場にてPCパイル製造開始

昭和43年

千歳工場を建設、RC・PCパイル製造開始
栗山工場にてPCマクラギ製造開始、千葉営業所を開設

昭和46年

埼玉営業所開設

昭和47年

本社を栗山より札幌へ移転
栗山工場にて軌道スラブ製造開始

昭和48年

東北支社、仙台営業所開設

昭和49年

宮城工場を建設、ヒューム管製造開始

昭和51年

宮城工場PC・RCパイル製造、栗山工場にてPCホロー桁製造開始

昭和52年

千歳・埼玉各工場にて複合パイル製造開始

昭和53年

札幌工場を工事部機材センターに改装

昭和57年

北見営業所を開設、通商産業大臣賞受賞(栗山工場)、STJ工法開発

昭和59年

プレホール開発

昭和61年

ケムン工法開発

昭和63年

室蘭営業所を函館へ移転、函館営業所と改称
大阪支社を開設

平成3年

PC工事東京支社開設

平成5年

横浜営業所開設、北関東営業所開設
十勝大橋  土木学会田中賞受賞

平成10年

名古屋営業所開設

平成11年

名古屋営業所を名古屋支社に改組
PC札幌支社ISO9001認証登録
工事部をPC事業部に改組

平成12年

九州営業所を開設
PC東京支社、栗山工場、宮城工場、ISO9001認証登録

平成14年

ハイビーエム工法開発、スーパーFK工法開発

横田中高架橋  近畿地方整備局 局長表彰
筒江橋 近畿地方整備局 局長表彰
大成橋 北海道開発局 局長表彰
木曽川橋 土木学会田中賞受賞・PC技術協会賞受賞
平成15年

七百石第二橋 近畿地方整備局 局長表彰

平成17年

上和会高架橋 PC技術協会 技術開発賞受賞

平成19年

盛岡営業所開設
New-STJ工法 指定施工会社承認取得

平成20年

ジーロック工法開発

平成22年

TBSR工法開発

平成24年

Hyper-ストレート工法 承認施工会社承認取得
北海道知事より 農業農村整備事業優秀業者 感謝状授与
北海道知事より 平成24年度建設部工事等優秀者 表彰授与

平成26年

NEWスーパーFK工法開発

平成29年

Hybridニーディング工法 承認施工会社 承認取得

平成30年

PC東京支社ISO14001 認証登録

pagetop