橋梁関連新技術

HOME > 橋梁関連新技術 > PC床版端部処理システム

PC床版端部処理システム

プレキャストPC床版のはく落防止対策
特許 第644933号

一般的なプレキャストPC床版の床版端部は、充填材の後打ち部が表面に大きく露出されるため、コンクリート片のはく落が懸念されます。
PC床版端部処理システムは、あらかじめ床版の上面に切断孔を設けておき、そこからPC鋼材を切断する構造で、充填材の後打ち部が表面にほとんど露出されないため、コンクリート片のはく落リスクが極めて小さく、プレキャストPC床版の安全性が向上します。

効果 ・後打ち部が表面にほとんど露出しないため、コンクリート片のはく落リスクが極めて小さい。
・木製型枠を使用しないため、天然資源の保護・廃棄物の発生抑制に繋がり環境性が向上する。
開発者・問合せ先 ⽇本⾼圧コンクリート(株) PC事業部(担当者:齋藤祐俊)
〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西3丁目1-54
【TEL】 011-241-7108
【E-MAIL】 h.saitoh@nihonkoatsu.co.jp
【URL】 http://www.nihonkoatsu.co.jp/

施工実績

NEXCO東日本
道央自動車道
NEXCO中日本
北陸自動車道
勇払川橋(上下線) 130枚 清水谷橋(上り線) 55枚
高丘橋(下り線) 39枚 常願寺川橋(下り線) 180枚
千歳川大橋(下り線) 153枚 高野川橋(下り線) 9枚
夕張川橋(下り線) 299枚  

pagetop